ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

ワインと薪窯(まきがま)料理の店 piano(ピアノ)は、奈良市にある薪窯料理のお店です。

2018年にオープンしました。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)は、近鉄奈良駅の東向き商店街にあるイタリアンのトラットリア ピアノの系列店です。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)の最寄り駅は近鉄奈良線の新大宮駅で、駅から歩いて2分ぐらいです。JR奈良駅から歩いて行くと20分ぐらいは掛かると思います。

新大宮駅のこの辺りは、夜は飲み屋が賑やかですが、日曜日は特にランチ営業をしているお店が少ないです。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ) 外観

ピアノには駐車場 はありません。電車が便利です。

日曜日の12時30分頃にランチに行ったところ、先客は2組いました。

座席は、4人掛けのテーブルが3卓、カウンターが8席ぐらいだったと思います。奥にも個室があるそうです。

1人でも入りやすいです。店内はおしゃれな雰囲気で、カップルにもおすすめです。ランチタイムは禁煙です。

ワインと薪窯料理の店ですが、ランチタイムの食事メニューは、スパイスカレープレートとパスタプレートだけでした。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ) メニュー

(メニューの写真はクリックすると拡大します)

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)は、ランチタイムはスパイスカレーのお店として営業しています。奈良でもスパイスカレーのお店が増えてきました。

最近は手作りハンバーガーのお店も増えてきましたが、個人的には、ベトナム料理のバインミー(フランスパンのサンドイッチ)の専門店ができないかなと期待しています。大阪には専門店が数店ありますが、奈良にはまだないと思います。

ピアノのスパイスカレープレートは、カレーが3種類あって、選ぶ種類によって料金が変わります。

1種税込900円
2種税込1,100円
3種税込1,300円

カレーの内容は日替わりですが、基本的にスパイスがきいた辛いカレーです。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

スパイスカレープレートの2種(税込1,100円)です。

注文をして10分ぐらいで出て来ました。スープやサラダは付いていません。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

左が鶏モツと宇陀金ゴボウのスパイシーカレー、右がヤマトポークと大鉄砲豆腐の麻婆カレーです。ピアノでは積極的に奈良の食材を使っています。

辛さはレトルトカレーの辛口ぐらいと思います。体は温まりましたが、汗が出るほどではありませんでした。

鶏モツとゴボウのスパイシーカレーが、スパイスの深い味がして美味しかったです。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

アチャール、タンドリー卵、大和当帰フリットも付いていました。アチャールはインドの漬物で、ピクルスのような酸味がありました。

ライスには黒米が混ぜられているのでしょうか。色が付いていました。量は180g(茶碗に少し大盛り)ぐらいかなと思います。

途中でアチャール、ゆで卵を混ぜて、カレーも混ぜて、味を変えながら食べると飽きませんでした。

食べ終わると腹8分目になりました。プラス100円で、ライスを大盛りにすることも可能です。


ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)

パスタプレート(税込1,100円)です。

パスタの内容も日替わりですが、パスタは1択です。この日は、大和肉鶏と完熟ホウレン草ピュレのオイルソースパスタでした。

ディナータイムは薪窯を使ったイタリア料理が楽しめます。

ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)−営業情報

食べに行った時期2020年1月
所在地奈良県奈良市大宮町6-9-4
定休日不定休、臨時休業あり
営業時間【ランチ】11:00〜14:00(ラストオーダー)
営業時間【ディナー】16:00〜24:00(ラストオーダーは60分前)
予約
電話番号0742-34-3003
お店のHP ワインと薪窯料理の店 piano(ピアノ)フェイスブックインスタグラムトラットリアピアノ