酒と肴 なかむら

酒と肴 なかむら

「酒と肴 なかむら」は、奈良市にある居酒屋さんです。

夜は居酒屋ですが、ランチはスパイスカレーを提供しています。2019年に新しくオープンしたお店です。

「酒と肴 なかむら」の最寄り駅は近鉄奈良駅で、駅から歩いて10分ぐらいです。

もちいどのセンター街を通って行く場合は、夢キューブの角を曲がって、東側に歩いて直ぐです。

「酒と肴 なかむら」には、専用駐車場はありません。

酒と肴 なかむら 外観

土曜日の11時30分過ぎにランチに行ったところ、先客はいませんでした。

「酒と肴 なかむら」のランチは11時30分から営業で、食べていると3組ほど増えました。お客さんは、比較的若い人が多かったです。

カレーがなくなり次第終了です。スパイスが効いたカレーで、子供と妊娠中の女性には提供していません。

座席は、2人掛けのテーブルが2卓、カウンターが7席ぐらいだったと思います。少し窮屈で、こぢんまりしていました。他に、座敷もあるようです。

店内は居酒屋のような雰囲気です。

ランチメニューはカレーのみで、カレーの種類の多さで料金が変わります。

酒と肴 なかむら メニュー

(メニューの写真はクリックすると拡大します)

カレー2種盛り税込1,050円
カレー3種盛り税込1,200円
カレー4種盛り税込1,500円

カレー2種盛りは、本日のカレーが2種類です。

カレー3種盛りは、本日のカレーが1種類、レンズ豆のカレー、野菜のカレーです。

カレー4種盛りは、本日のカレーが2種類、レンズ豆のカレー、野菜のカレーです。

酒と肴 なかむら メニュー

この日の本日のカレーは、鰤(ブリ)の南インド式フィッシュカレー、豚の骨肉(スペアリブ)カレーでした。

酒と肴 なかむら

カレー2種盛り(税込1,050円)です。注文をしてから、5分ぐらいで出て来ました。

酒と肴 なかむら メニュー

最初はそれぞれを個別に食べて、最後は全部を混ぜて食べるのがおすすめのようです。

3種盛り、4種盛りは、カレーは小鉢で出て来ますが、2種盛りはお皿に掛けられていました。

メインのカレーとライスがあって、副菜が2つ、パパド、サラダが付いていました。

酒と肴 なかむら

カレーの辛さは、鰤(ブリ)の南インド式フィッシュカレーが1.5辛、豚の骨肉(スペアリブ)カレーが3.5辛でした。

辛い物は苦手な方ですが、美味しく食べられました。「酒と肴 なかむら」では、5辛がマックスで、無印良品のカレーの辛さの設定と同じぐらいと思います。

スペアリブは、スプーンで切れるくらい柔らかく煮込まれていて美味しかったです。

鰤は普通の照り焼きで出て来るぐらい大きい塊が入っていました。カレーには珍しいキンカンも入っていました。

「辛い物が好きな場合はこれをどうぞ」と言ってビンが出されました。辛い物が好きな人は、自由に辛くできます。

ライスはバスマティライスでした。スパイスカレーには日本米より、こちらの方が合うと思います。パパドも口直しに良かったです。

食べ終わると腹8分目になりました。2種盛りは、コストパフォーマンスは良いと思います。

酒と肴 なかむら−営業情報

食べに行った時期2021年3月
所在地奈良県奈良市南市町16-2
定休日月曜日、火曜日、臨時休業あり
営業時間【ランチ】11:30〜14:00(ラストオーダーは30分前)
金曜日はランチ休み
営業時間【ディナー】17:00〜21:00(ラストオーダーは30分前)
  日曜日、祝日は14:00〜19:00(ラストオーダーは30分前)
予約
電話番号0742-81-3932
お店のHP 酒と肴 なかむらフェイスブックツイッターインスタグラムクーポン