Erdal(エアダール)

Erdal(エアダール)

Erdal(エアダール)は、奈良市にあるパン屋さんです。イートインのスペースがあって、店内でも食べられます。

以前は菖蒲池駅の方で営業していましたが、2023年8月に新しく移転オープンしました。菖蒲池にあった頃から、奈良で一番好きなパン屋さんです。

Erdal(エアダール)の最寄り駅は、近鉄奈良線の富雄駅(とみおえき)ですが、駅から離れていて歩いて行くと30分以上掛かります。

富雄駅から富雄川沿いを南下した道沿いにあって、車でないと行きにくいです。近くにはバラ園で有名な霊山寺(りょうせんじ)があります。

富雄駅からバスでも行けます。その場合は「霊山寺」のバス停が近いです。

エアダールの駐車場は3箇所に分かれていました。

Erdal(エアダール)

お店の前に1台分、道路を挟んだ向かいに2台分、霊山寺のバス停の横に約5台分で、エアダールの看板が掲げられていました。

Erdal(エアダール) 外観

昔の建物を改装して使っています。

土曜日の11時30分頃にランチに行ってきました。店内で食べているお客さんはいませんでしたが、テイクアウトのお客さんが、次々にやってきました。

エアダールは人気店ですので、昼過ぎになるとパンの種類が少なくなります。朝9時の開店時間はもっと多くの種類のパンがあります。

Erdal(エアダール) メニュー

店主はドイツで修行をしていた方で、ドイツパンが並んでいました。ドイツパンは奈良では珍しいです。

Erdal(エアダール) メニュー

ハード系のパンがメインで、ほんのり酸味があって、ずっしり重たいパンが多いです。

Erdal(エアダール) メニュー

メロンパンやクリームパンはありませんので、そういうパンを期待してエアダールに行くと、期待外れに終わると思います。

Erdal(エアダール) メニュー

ソーセージやハムを使った惣菜系のパンもありました。トレイはなくて、欲しいパンを店員さんに伝えて取り上げてもらいます。

Erdal(エアダール) メニュー

店内の飲食用にドリンクのメニューがありました。水はなかったので、店内で食べる場合はワンドリンク制かもしれません。

イートインスペースの座席は、6人掛け、4人掛け、2人掛けのテーブルがそれぞれ1卓、カウンターが2席ありました。店内は古民家風でおしゃれな感じです。

Erdal(エアダール)

オレンジジュース(税込400円)です。

店内で食べたいと伝えたら、パンを温め直してもらえました。10分ぐらい待ちました。エアダールのパンは薪窯で焼いています。

Erdal(エアダール)

プレッツェル(税込290円)。ドイツパンの代表的なパンの1つです。適度に塩気があってサクッとして、お菓子に近かったです。

2人で行ったのですが、分けやすいように、パンは全て半分ずつにカットしてもらえました。

Erdal(エアダール)

ピザパン(税込390円)です。硬かったです。

Erdal(エアダール)

巻かれたソーセージ(税込360円)、ハムとクリームチーズ(税込600円)です。

惣菜系のパンもありました。チーズが入ったパンが好きで、どちらも美味しかったです。

食べ終わると腹7.5分目になりました。選ぶパンにもよりますが、今回選んだ4個の半分では少し物足りない量でした。

Erdal(エアダール)−営業情報

食べに行った時期2024年4月
所在地奈良県奈良市中町2517-3
定休日月曜日、火曜日、水曜日
営業時間9:00〜18:00(売り切れ次第終了)
予約
電話番号050-8888-0807
お店のHP インスタグラム