吉座傳右衛門

吉座傳右衛門

吉座傳右衛門は、近鉄奈良駅とJR奈良駅の間にある和食のお店です。三条通からやすらぎの道を南に行けば歩いて2〜3分の距離です。

ミシュランガイドのビブグルマンに掲載されていて気になっていたのですが、ランチも営業しているということで行ってきました。

吉座傳右衛門

駐車場は見当たりませんでしたがが、契約駐車場があるようですので、車で行かれる方は、予約をするときに聴いてみてください。

座席は、カウンターが8席ぐらいとテーブルが4卓ほどだったと思います。2階にも大広間があるようです。

予約をして祝日のランチに行きました。半分ぐらいの席が埋まっていました。念のため、予約はした方が良いと思います。

純和風の店構えで、比較的お客さんの年齢層は高めでした。

店内は日本料理屋さんという雰囲気で清潔感があります。カウンターに案内されたのですが、中でテキパキと料理をされていました。

1階は禁煙でした。

ランチメニューの吉座御膳をいただきました。2人で約3,200円(約1,600円/1人)くらいでした。

吉座傳右衛門 メニュー

最初に割り箸が濡れていてちょっとびっくりしました。ここに来る少し前に和食のマナーを扱った番組をたまたま見ていて、料理の味が割り箸に染み込まないように予め濡らすというのをやっていました。

「そういう食事に当たったことがないなぁ」と思っていた矢先で、すごい偶然です。見ていなければ「使い回してるのか?」と疑っていたことでしょう。

たくさんの料理が小鉢に少しずつ盛られています。この他にも炊き込みご飯が付いていました。

吉座傳右衛門

天ぷらもお造りもよくありがちなで、特に「これがおすすめ」というような特徴的な料理はありませんでした。

ザ・和食という感じで、素材の味を活かしつつ、薄味で出汁を利かせて、普通に美味しかったのですが、ミシュランで期待し過ぎていたかもしれません。

吉座傳右衛門

1日10食限定の百草膳といったメニューがありました。こちらも、小鉢でたくさんの種類のお料理が楽しめるようです。

吉座傳右衛門

多くの食材があって体にも良さそうです。

吉座傳右衛門

最後にぜんざいが付いてきました。

吉座傳右衛門

ガッツリ食べたいという場合は向いていませんが、本格的な日本料理を食べたいという場合は向いていると思います。

奈良の中心に近いので電車がおすすめです。商店街から少し離れていますので、観光客で知らない人にとっては敷居が高いのでしょうか。穴場です。

吉座傳右衛門−営業情報

吉座傳右衛門−関連情報