黒岩伽哩

黒岩伽哩

黒岩伽哩は、大阪市中央区の日本橋にあるカレー屋さんです。

黒岩伽哩の最寄り駅は地下鉄の日本橋駅で、駅から歩いて3分ぐらいです。黒岩伽哩の近くには黒門市場があります。

南海本線のなんば駅から歩いて行くと5分ぐらい、地下鉄のなんば駅から歩いて行くと10分ぐらいです。

黒岩伽哩 外観

ビルの2階にありますので、知らないと入りにくいです。1階には縦看板とのぼり旗が置いてありました。

駐車場はありません。電車の方が行きやすいです。

日曜日の夕方の18時頃に行ったのですが、先客は1人でした。食べている間にもう1人お客さんが増えました。

座席は、3人掛けのテーブルが2卓、2人掛けのテーブルが1卓、カウンターが4席だったと思います。カウンターは隣との間隔が狭いです。

店内はカレー屋さんというより、明るくてカフェような雰囲気です。店内は禁煙です。

黒岩伽哩は、ランチの時間から夜まで通して営業していて、食事以外にもカフェ利用も可能です。ドリンクメニューが色々ありました。

黒岩伽哩 メニュー

(メニューの写真はクリックすると拡大します)

メニューは、黒岩伽哩と赤岩伽哩に分かれています。

黒岩伽哩 メニュー

黒岩伽哩はコクと旨味のあるカレー、赤岩伽哩は辛味と酸味のあるカレーです。それぞれトッピングによって料金が違います。

牛伽哩税込1,200円
豚伽哩税込900円
鶏伽哩税込800円
全部乗せ税込1,000円

黒岩伽哩と赤岩伽哩の両方を食べられる「赤と黒のあいがけ伽哩(税込950円)」もあります。

好みに合わせて様々な調整が可能で、具大盛り、ライス大盛り、ルー大盛り、辛さアップが可能です。

初めてですので、今回は両方を食べられる「赤と黒のあいがけ伽哩(税込950円)」をお願いしました。

黒岩伽哩

黒岩伽哩はメニューに書いてあったとおりコクがあって、トロトロに煮込まれた豚肉が入っていました。

赤岩伽哩はスパイシーですが、辛さはレトルトカレーの辛口と中辛の間ぐらいかなと思います。こちらには煮込まれた鶏肉が入っていました。骨付きですが、スプーンでほぐれました。

どちらも癖のない食べやすいカレーで美味しかったです。

ご飯は日本米で、ターメリックライスになっていました。量は180g(茶碗に少し多め)ぐらいかなと思います。

ライスとルーの配分が難しいですが、終盤は2種類のルーとライスを混ぜていただきました。

黒岩伽哩−営業情報

食べに行った時期2019年3月
所在地大阪府大阪市中央区日本橋1-20-9 2階
定休日火曜日
営業時間 11:30〜22:00
予約
電話番号06-7163-8260
お店のHP フェイスブック

黒岩伽哩−関連情報