シンシンカク

シンシンカク

シンシンカクは、生駒市にある台湾料理のお店です。

シンシンカクの最寄り駅は学研奈良登美ヶ丘駅で、駅から歩いて10分ぐらいです。

学研奈良登美ヶ丘駅は、近鉄けいはんな線の終点で、生駒駅と繋がっています。近くにはイオンモール奈良登美ヶ丘があります。

シンシンカクは国道163号沿いで、住所は生駒市ですが、少し東に行くと京都府の精華町になります。

シンシンカク 外観

シンシンカクの駐車場は、30台ぐらい停められます。広くて停めやすいです。

土曜日の12時頃にランチに行ったところ、先客は4組ほどいました。よく食べそうな男性が多くて、家族連れが数組いました。女性のみのグループはいませんでした。

座席は、4人掛けのテーブルが7卓、座敷もあって座卓が7卓ぐらいありました。カウンター席はありません。

隣のテーブルとの間隔は、適度に離れていて良いです。店内は庶民的で、清潔感を重視する人にはおすすめしにくいです。

ランチメニューは、3種類ありました。

シンシンカク メニュー

(メニューの写真はクリックすると拡大します)

定番ランチ720円(税込792円)
選べるランチ750円(税込835円)
フライセット

シンシンカク メニュー

シンシンカク メニュー

定食メニューは、880円(税込968円)から1,080円(税込1,188円)まで、24種類ありました。台湾料理店ですが、見馴れたメニューが並んでいます。お子様定食もありました。

定食メニューは、メイン料理があって、ミニサイズのラーメンが付いています。ラーメンは、醤油、塩、豚骨、豚骨台湾、台湾ラーメンから選べます。

シンシンカク メニュー

麺類のメニューとご飯物のメニューをそれぞれ選べる、麺飯セットというメニューもありました。

シンシンカク

酢豚定食980円(税込1,078円)です。注文をして約10分で出て来ました。テーブルに置かれるのを見て、ボリュームに圧倒されました。

シンシンカク

酢豚です。ケチャップの味がして、酢は控えめでした。豚肉は乾燥していて硬かったです。ピーマン、ニンジン、玉ねぎ、キクラゲ、パイナップルが入っていました。

シンシンカク

醤油ラーメンです。懐かしい味でした。ミニサイズですが、スープの代わりにしては量が多いです。また、丁寧に、チャーシュー、ワカメ、もやし、メンマが入っていました。

揚げ餃子が2つありました。他に、サラダ、お漬物、デザートの杏仁豆腐まで付いていました。

シンシンカク

ご飯です。少し古そうな味がしました。丼の大きさで、1合(300g)ぐらいあったと思います。食べ終わると、腹9.5分目で満腹になりました。

ご飯は小盛りも可能です。小盛りでも150g(茶碗に並盛り)ぐらいありました。隣のテーブルのお客さんは、定食をご飯なしで注文していました。

味はさておき、リーズナブルで満腹になることは確実です。

12時30分を過ぎると、店内は満席に近い状態になっていました。


シンシンカク

油淋鶏定食880円(税込968円)の油淋鶏です。鶏肉は薄くて大きかったです。ジューシーさはありませんでした。

シンシンカク

ミニサイズの豚骨ラーメンです。

シンシンカク−営業情報

食べに行った時期2020年8月
所在地奈良県生駒市鹿畑町2473-7
定休日無休
営業時間【ランチ】11:00〜14:30(ラストオーダー)
  土日祝日は11:00〜15:00(ラストオーダー)
営業時間【ディナー】17:00〜23:30(ラストオーダー)
予約
電話番号0743-78-3233
お店のHPなし